昨年大ヒットしたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」記憶に
ある方も大勢いらっしゃると思います。恋ダンスが大きな話題となりましたよね。

「逃げるは恥だが役に立つ」の概要

このドラマは、主人公である、みくりと平匡が契約した「契約結婚」というのを
中心に、最後には恋愛へと発展するという、変わったドラマだったのですが、

世間一般で認識されている結婚の形、あり方を見直すという意味で、
大きな波紋を起したドラマでもあるのです。

まず、結婚する前は恋愛をして、お互いお付き合いをして
信頼関係を築いてから結婚するというのが、戦後日本では主流でした。

しかし、本当にそれは必要なのか?というのが
このドラマの主題であったかどうかは不明ですが

「結婚に恋愛は必要なの?」という問題はつきつけたように思えます。

もちろん永遠のテーマとなることは間違いないでしょう。

「逃げ恥」劇中の契約結婚とは本来違うもの?

みくりと平匡の契約結婚は普通であれば、
契約なのだから、同居という感じでよいのですが、

ガッキーの言動のかわいらしさと星野源の非現実的な
魅力が混ざり合って、人気が爆発しました。

この人気ドラマ「逃げるは恥だが役には立つ」は、新垣結衣演じる
大学院まで卒業したのに内定が1つも取れない無職の彼氏なしを

主人公の森山みくり(25歳)が、独身の会社員である・津崎平匡(35歳)の
自宅でメイドのようにして働くところから始まるのです。

かなり変わった関係の二人で、設定も非現実的ではありましたが、
その後、みくりは平匡に「就職としての結婚」というのを提案して、
夫役の平匡は、雇用主のような形で受けることになります。

つまり、みくりは従業員として妻役を引き受けるのです。

ドラマでは、これを「契約結婚」と読んでいますが、
普通ではそんなことありえません。

まず、お互いに事前に取り決めた項目について
契約した内容を実行に移すという結婚のことなんですが、

アメリカでは婚前契約が半ば当たり前という話があります。
ハリウッドスターが離婚の際に、もめごとに時間を費やすよりは、

事前に離婚のときにはこうこうと決めておきましょうという、
かなりわかりやすい結婚です。

逃げ恥では、住民票は同じ世帯に移しているのですが、婚姻届を出していないので、
一般的な契約結婚とは少々性質が異なってきます。

また、夫婦になる意思がないので
婚姻届を出すのは違法になってしまうそうです。

契約結婚のメリット

ドラマでは、二人は雇用主と従業員ととらえて
同居生活をスタートさせるわけですが、

平匡は自らをプロの独身と自信満々で、
女性への免疫力がないため、同居生活がおもしろい展開へと進むのです。

日本では、夫婦間で問題になるのが男女の家事分担や
育児問題ですが「私は家政婦じゃないのよ!」という奥さんと
家事などやったことのない男性、この溝を埋めるのは大変です。

それが、逃げ恥では「家事は労働」ととらえ、
そういった問題は皆無です。

みくりは働いた分、雇用主である平匡から給料をもらえるのです。

契約結婚は新しい婚姻関係の提言なのか??

このような新しい夫婦関係は視聴者の一部を示した可能性は
ありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

普通は恋愛があって、その後に結婚をして、
と夫婦生活はドラマのようにドライにはいかないでしょう。

実際に、みくりと平匡もお互いに恋愛感情を抱き、
最後には交際を始めることになるのですから、

やはり恋愛感情の後先はあっても、夫婦といって同居する以上、
お互いを好きか嫌いかはあるのではないでしょうか?

契約結婚から恋愛感情が生まれるのか?

恋愛の順番は後でもいいのか?
逃げ恥が示した価値観の一つはさらに注目すべき点があります。

みくりと平匡の結婚までのプロセスです。

最後にはハッピーエンドになるのですが、
それまでは、やはり契約ですから、
恋愛、結婚へという本末転倒な結婚過程は、
今後の適齢期の男女に大きな影響を与える可能性があります。

昔は親が決めた「許嫁」との結婚が当たり前だった

戦後の昭和では、日本でも親が決めたお見合い結婚が当たり前だったように、
その後には恋愛結婚が主流となり、現在にいたりますが、
今も親が決める親同士の婚活もあったりするのです。

結婚の形は人それぞれですが、
「一緒にいる、子育てをする、色んな感情を共有する」ことで
夫婦になれたというカップルも少なくありません。

そうした時代から、恋愛結婚がメジャーでなくなる可能性もあるのです。

いままでいいと思っていたことが、覆される昨今「恋愛結婚至上主義」時代は
日本の右肩上がり経済成長を見越してのことであり、今では
そうでなくなってきている可能性もあるのです。

つまり、皆の価値観が変わってきていると思ってもよいでしょう。

逃げ恥のような出会いや結婚、契約、婚前契約など、ドラマならではの
面白さはあったものの、結果的に二人が幸せになれば、その過程は
何でもいいのではないでしょうか?

また婚活してパートナーを探すのが当たり前という時代も
そう遠い未来の話ではなくなるかも知れませんね。

最新の東京・大阪のパーティー情報は以下のサイトをご覧下さい

東京の街コン婚活パーティー情報

大阪の街コン婚活パーティー情報

スポンサー リンク



スポンサーリンク