LINEで送る
Pocket

街コンや婚活パーティーで重要なのは次のデートに応じてもらえるか

合コンや街コンでせっかく異性と連絡先を交換しても、

最初にして最大の関門がデートへの誘いに応じてもらえるかどうかですよね。

最近はLINEの交換が主流となっているかと思いますが、

街コンで出会い連絡先を交換することが第一関門。

次のデートに応じてもらえるかはあなた次第!

出会いからデートの約束までの流れを解説して行きたいと思います。

1

街コン婚活パーティー中のあなたの印象で未来が決まる?

デートに応じてもらえるかどうかは、

初めて出会ってから連絡先交換するまでの間にほぼ全てが決まります。

街コン婚活パーティーや合コンの2時間で、

限られた時間内でいかに相手に興味を持ってもらうかで明暗を分かちます。

ただ、初対面で自分に惚れさせるわけではなく、

「ご飯くらい行ってもいいかな」レベルまで持っていくことが重要です。

この合格ラインは女性によって高低差がありますが、

その基準に達せばあとはLINEやメールのやり取りで食事の約束くらいはできると思います。

ではどんな誘い方がデートに繋がりやすいのでしょうかみていきましょう!

街コン婚活パーティー終了後最初のやりとり

街コン婚活パーティー終了後のやり取りで

「今日はありがとう、今度ご飯でも行きましょう」的な内容をおくりましょう。

最初のLINE(メール)は遅くても翌日までに送りましょう。

出会った日の翌日の夜までの間に送るのが理想です。

あまりに早いタイミングで送ってしまうと必死なイメージが伝わりますし、

逆に引き伸ばし過ぎると記憶から薄れてしまいます。

ここでいきなり具体的なデートのお誘いは送らないでいいです。

未読でもなく既読スルーでもブロックでもなく、

社交辞令だとしても肯定的な返事が来たら次に進みましょう。

文章を作るポイント

ビジネス文書のように形式ばった文章だと、

返信も堅くなってしまい相手との距離が縮まりませんし、

消極的すぎるのも自信過剰なのもよくないです。

一番いいのは、喋ったときの印象そのままに自分を飾らないことです。

自然でリラックスした文章を心掛けましょう。

スポンサー リンク


デートの誘いはシンプルに、そして出来れば2人きりで

「断られるのが怖くてデートに誘えない!」と考える人は多いでしょう。

ですが誘えなければあなたの恋愛が成就することはありません。

どういう誘い方が成功しやすいでしょうか。

それは「相手が応じやすい誘い」であることです。

具体的なデートの誘い方ですが、シンプルなものを心掛けましょう。

信頼関係がない女性へのメッセージはだらだらと続けるよりも

簡潔な方が反応がいいみたいですよ。

自分に興味があるかを探ったり、告白を匂わすようなことを言ってしまうと、

デートの誘いに余計な意味付けがされてしまいますので止めましょう。

こうすると「断られる=フラれる」と考えてしまい、焦ったり変なテンションになってしまいます。

不思議なもので、相手に対する必死さが伝われば伝わるほど、女性は引いて行きます。

具体的な誘いのメール内容は、

「こんにちは!来週の火曜か土曜に、もし予定合うなら食事でも行きませんか?」

というような感じで問題なしです。

予定が合えばで良いよ~。駄目なら別の予定入れるし~。

というくらいの気楽なスタンスで送るのがいいと思いますよ。

デートの誘いが断られた場合は深追いしないで爽やかに

すんなりデートの約束が決まらなくても落ち込んだり、

強引に深追いはしないでくださいね。

「じゃあ、また今度!」って感じで爽やかにいきましょう。

そしてまた一週間後くらいに改めてお誘いの連絡をしてみましょう。

やってはいけないのは断られた瞬間「じゃあ来週は?」と深追いする事です。

これをすると下手をするとキモイ!と思われてしまいますから、

相手の立場に立って、心地よくコミュニケーションができるよう心がけましょう。

今後も繋がらなそうであれば諦めて次へ行きましょう。

東京の街コン婚活パーティー情報

大阪の街コン婚活パーティー情報

スポンサー リンク


関連記事

LINEで送る
Pocket