LINEで送る
Pocket

街コンや婚活パーティーでやってしまったー!

という失敗談を持っている人は意外と多いです。

いろんな話しがあると思いますので、

過去にイベントに参加したことがある方に、

どんなエピソードがあるのか伺いました!

1

街コンや婚活パーティーでの失敗談1:内輪ネタはほどほどに・・・

私が姉と二人で合コンに行った時のことです。

行く前に姉と「姉妹だということは秘密にしよう」と決め、

自己紹介ではただの友達だと言いました。

男女5人ずつで、全員歳も同じくらい、雰囲気も良く楽しく飲んでいました。

最初の店では姉妹だとバレるかもしれないので、

離れて座っていたのですが、

しばらくして次のお店に移ったとき、姉と私は隣の席になりました。

みんな盛り上がってるしもう暴露してもいいだろうと思ったからです。

案の定みんな驚いていましたが、

嫌な顔はされなかったので安心しました。

しかし、それをいいことに私と姉は暴走を始めました。

実は私たちは普段かなりテンションが高く、

他の人は理解できないネタを面白がっているような変人姉妹なのです。

会話もカラオケも、だんだんヒートアップしていき、

私たちだけにしかわからない内輪ネタもバンバン出していたようなきがします。

気づけば、私たちを相手していた男2人以外の人たちみんな、

いつの間にか帰っていました。

みんなこの暴走する姉妹のテンションにドン引きしたのだと思います。

結局残ったその人たちと連絡先は交換したものの、

それ以降なにもなく、ただただ姉といつも通り盛り上がっただけの会となってしまいました。

やはり最後まで姉妹だということは隠しておくべきだったと、

後悔しています。

街コンや婚活パーティーでの失敗談2:東京の外科医との合コンで言った一言のおかげで延々と長話

普段、合コンには誘われてもいかないのですが、

友人から人が足りないので来て欲しいと言われ、断れず参加することにしました。

合コンは4対4で行われたのですが、相手はみんな外科医の方でした。

始めは普通の会話だったのですが、いつのまにか仕事の話に変わってきて、

「外科医って手術とかもするんですよね。」と言ったら、

相手の方がすぐ反応して、自分の手術の経験について語り始めました。

内臓を開いて切って、と手術の説明をしてくれるのですが、

私は血の話とかがダメでしたので、

切る=血が出るという感じで、聞いていてフラフラしました。

しかし、相手の方は気づいていないみたいで延々と話し続けました。

その結果、私はこういう人はダメなんだと分かりました。

友人は連絡先の交換をしていましたが、

私はごめんなさいにさせてもらいました。

まさか手術の話で盛り上がるとは思っていなかったので、

ただ疲れただけの合コンとなりました。

街コンや婚活パーティーでの失敗談3:何度目かの婚活パーティーで

20代後半から30代にかけて、それはもう何度も繰り返したお見合いパーティーへの参加。

「はじめまして」から始まる自己紹介の日々を思い出すと今でも涙が出そうです。

ですが、いろいろな婚活パーティーに行きました。

雑誌やネットなどさまざまな媒体で紹介されているものに参加を繰り返したある日、

いつものように「はじめましてー」。

え????なんか様子が変。

なんで??そうなんです。

ちょうど1週間前に参加したパーティーでお話ししたお相手でした。

当然ですが、2回目は言葉が続かず、早く次の人に回らないかだけを考えて過ごしてしまいましたね。

とほほ。

1

おしとやかキャラを演じはじめた友の足を完全に引っ張った合コン

小学校時代からの友達と大学生の時に一緒に行った合コンで、

ちょっとかっこいい男の子がいた。

すると、友達が上目使いで声が高めでいつもと違う

おしとやかキャラを演じはじめた。

あまりにもいつもと違う姿に、

つい「おい!なんだそのキャラ!」と大爆笑をしてしまい、

完全に足を引っ張って、その合コンは完全にただの飲み会にしてしまった。

それ以来、その子が参加する合コンはもちろん、

その子の交友関係の合コンからも一切よばれることはなくなってしまった。

別れた彼氏との再開が合コン

彼氏との別れ話の後に、

落ち込んでいた私に友達からの合コンの誘いがあり、

まだ新しい彼氏を作る気分ではなかってのですが、

人数が足りないから埋め合わせにというので、

渋々参加することに。

5人対5人の他校のサークルとの合コンで、

急だったこともあり、私はおしゃれもせずほぼ素っぴんで行きました。

心の中では、やけ酒の勢いでした。

男女のご対面をすると、なんと私の前には別れたばかりの元彼が入るではありませんか。

お互い気まずく、話もせずにひたすらアルコールを浴びるように呑み、

さっさと帰りました。

合コンに参加するときは、名前も確認しないといけないですね。

以前別の婚活パーティーであった人への対応

以前プロフィールを見つつ回転寿司方式でお話しするタイプのイベントに出席しました。

その一週間後個室タイプのイベントで

前回カップリング成立していたはずの男性を見かけたのでお会いしましたねと

うっかり声をかけてしまいました。

するとデートをすっぽかされてしかもその相手と今日イベントで鉢合わせてしまったこと、

今日来ている女性人の半数は前回とかぶっていることを愚痴られ

挙句どうしたらもてるのかアドバイスを求められ非常に持て余しました。

女性陣にしてみたら婚活イベントに何度も出てることを

知られたくない人もいるだろうし、

すっぽかした女性は私にまで顔が割れてしまったし

そういう口の軽さが災いしてるんじゃないかと思いましたが

言う訳にもいかずご縁がなかったのではないかとお茶を濁しました。

それ以来見知った人を見た場合は合コン形式の場合は近づかず、

個室・対面形式は「お久しぶりですー」と軽く流すようにしています。

街コン婚活パーティー失敗談まとめ

なかなか面白い、と言っては失礼ですが

情景が浮かぶかのような参考になるエピソードでしたね!

参考になるところは参考にして、

楽しい婚活ライフを送ってください^^

1

街コン婚活パーティー失敗談1:下ネタの汚れ役になってしまった

合コンが思いのほか盛り上がって初対面なのに

セックスの頻度やタイミングなどの下ネタ系の話に流れていったので

つい調子に乗ってしまいました。

実は周りのみんなは下ネタに走りながらも、

核心を突くような下品な言葉を避けたり、

自分自身の体験ではなく一般論でお茶を濁していたのですが、

自分はそれに気づかずいつものノリの下ネタを話してしまいました。

結局、最終的には自分だけが空気の読めない汚れ役になってしまい、

周りのみんなをアシストしただけという不毛な結果に終わってしまいました。

街コン婚活パーティー失敗談2:簡単に参加できる、婚活パーティに登録した

30歳を過ぎるような年齢になり、

このまま独身ではまずいと考えて、

ネットから簡単に予約できる、婚活パーティに予約してみました。

参加資格は、年齢範囲ぐらいしかないようなパーティで、

前日まで申し込みできるようなものだったため、

非常に簡単に申し込む事ができました。

参加すると、正直に言って自分とはかなり異なる経歴の方が多く、

良い出会いを得ることはできませんでした。

やはり、もうちょっと入る資格の厳しいような所に参加したほうが良いのかなと、思いました。

街コン婚活パーティー失敗談3:狙う相手を間違ってしまった

私は合コンにもともとあまり興味がなく、数合わせで連れて行かれました。

しかし行った限りは少しくらい楽しもうと思ってはいました。

合コンは4対4の合コンで、始まってからしばらくすると、

恒例の、誰を狙うかという話になりました。

みんなそれぞれ男の子の名前を言ったのですが、

私はその時点でまだ名前を覚えきれていませんでした。

ですので特徴を聞いて、余った子の相手を私がすることにしました。

私とその子はとても仲良くなり、帰りには二人だけで歩いている感じになりました。

良い子だし、無事任務完了したと思っていたのですが、

後日私は女の子に怒られました。

特徴から、余りの子だと思っていたのは、女の子が狙っていた子だったのです。

「確かに紛らわしい言い方をしたから」と許してもらえたのですが、大失態でした。

街コン婚活パーティー失敗談4:趣味の話はほどほどに!

合コンの席での失敗です。

わたしは趣味がアニメで、その話を熱心に話してしまい、

相手に引かれてしまいました。

相手もアニメに興味があるような話をしていたので、

つい調子に乗ってしまいました。

気がつくと、周りも冷めた目で見ていて、

やってしまったなと思いましたが、もう遅いです。

すごく恥ずかしくなって、そのあとは何も話せなかったです。

結局、最後まで端のほうで黙っていました。

二次会にもいかず、連絡先すら交換しませんでした。

街コン婚活パーティー失敗談まとめ

リアルな失敗談ですね~

思わずドキっとしてしまったものもあります^^;

このようなことがないよう気を付けて、

婚活に励んでいきましょう!

東京の街コン婚活パーティー情報

大阪の街コン婚活パーティー情報

関連記事

LINEで送る
Pocket