1

東京で婚活をしたいなら、婚活パーティーがおすすめです。

手軽にできますし、結婚したい人が参加するので、カップルになりやすいんですね。

いいなと思った人に声をかければ、大抵の場合デートに発展します。

もちろん、婚活パーティーで知り合って意気投合し、

お付き合いを始めてそのままゴールイン、なんてカップルも多くいます。

そう聞くと、婚活パーティーはとても素敵なイベントに思えるかもしれません。

でも実は、手軽に参加できる反面、婚活パーティーには怪しい人が紛れ込んでいることもあります。

特に要注意なのは、自称高年収男、自称超ハイスペック男です。

自称ですから、当然、全然高年収でもハイスペックでもありません。

「自称」を鵜呑みにして信じ込んでしまうと、大変な目に会います。

結婚したら財産を共有するわけですから、

その人の年収は視野に入れて人生設計を考えて、相手を選びますよね。

子どもが欲しいと思っているなら、当然その人数分諸養育費がかかりますし、

たとえ子どもを授からないとしても、生活水準をどの程度に保つかでも全然費用が違ってきます。

ちょっとシビアではありますが、こちらも人生がかかっていますから、

厳しい目で見てしまうのは仕方のないことです。

実際問題、現実を見据えたときに、愛だけでは生活が立ちゆきません。

好きな相手の笑顔でおなかが満たされるわけでもなし。

ずっと霞を食べて生きていくわけにもいきません。

結婚してみたら高年収ではなかった、ハイスペックではなかった……。

結婚してしまってから気づいて後悔するのでは遅いのです。

離婚するのだって費用も時間もかかりますし、社会的にもあまり印象がよくありません。

少し見通しが甘かったために、自分の評価を下げ、多大な迷惑を被ることになるのです。

変な人に引っかかってしまうくらいなら、結婚しない方がまだマシかもしれません。

自称高年収男、自称超ハイスペック男の嘘を見抜くには、いくつかコツがあります。

しっかり観察して、だまされないように自分を守りましょう。

今回は、嘘の見抜き方をご紹介します。

東京婚活パーティーで自称男の嘘の見抜き方

まず、念入りに当日の服装をチェックしてください。

お金を持っている人は、大抵の場合、品の良い人が多いものです。

育ちが良いと、自然と品が身に付き、それが所作や話し方に現れます。

身だしなみにも自然と気を使いますし、服の好みも控えめでセンスのいい、とかく上品なものになります。

髪を綺麗に整え、きちんとアイロンをかけ、のりでパリッとさせている。

ネクタイが曲がっていない、ネクタイピンを使いこなしている。

爪が伸びていない、ひげを綺麗に剃っているか綺麗に整えている。

パンツの裾が擦り切れていない、丈が合っている、靴を磨いている……。

眼鏡をかけているなら、眼鏡のレンズに汚れが付着していないか見てみましょう。

眼鏡のレンズにほこりやごみが付着していると、視界が悪くなりますから、多くの人は気になるものです。

眼鏡のレンズが汚れたままなら、その人は大雑把なところがある人かもしれません。

時計だけ、スーツだけ、ネクタイだけ、靴だけ……。

一部をこだわるのは、ある程度の収入をやりくりすれば可能です。

服装を見るなら、きちんと全体を見ましょう。

ちらっと見てブランド名を確認してください。

もしブランド名が外見だけでは分からないなら、上質かどうか判断しましょう。

それも難しいなら、とにかく親しくなることです。

親しくなれば、ジャケットなどは預かってあげられます。

手渡されたときに素早くブランド名を確認すればいいのです。

また、ネクタイピンやワイシャツは、高価なものにはその分だけの特徴があります。

ボタンがオシャレだったり、裾がオシャレだったり、袖がオシャレだったりします。

細部まで覚えておいて、後でネット等で調べたときに、比較できるようにしましょう。

当日の服装チェックを終えていいなと思ったら、デートの約束をしましょう。

一緒にお食事に行くのです。

初回は、できれば場所は、個室があって日本食の美味しいお店にしてください。

少しお値段の張るところにすると、なおいいでしょう。

そして、服装はスーツ以外のものを指定するか、約束日を休日にしてください。

上品なお店に来て行けるスーツ以外の服装がどの程度なのかを確かめましょう。

日本食にすると、その人の躾がある程度見えてきます。

お金持ちだからと言って所作が美しいわけではありませんが、多くの場合、外食に慣れています。

当然料亭で出されるような日本食にもなじみがあります。

親御さんがしっかりした躾に厳しい方なら、正しいテーブルマナーを身に着けていますから、

みっともなく慌てることもありません。

二回目のデートは、相手に場所を決めてもらうといいでしょう。

相手の大まかな基準が見えてくれば、そこから生活水準が予想できます。

三回目は、少しラフなお店を選びましょう。

お店に合わせたコーディネートは重要です。

ラフすぎてもいけませんし、堅すぎてもいけません。

ただ、形はラフな格好でも、生地はいいものを使っているなど、

要所要所でブランドものなどのお金持ちの証拠が分かるはずです。

いいなと思ったら、四回目からは少し気楽に構えてもいいでしょう。

まずはしっかり見極めてください。

焦ってもかえって失敗するばかりです。

回数を重ねて嘘を見抜きましょう。

東京の街コン婚活パーティー情報

大阪の街コン婚活パーティー情報

関連記事