1

東京婚活街コン失敗エピソード:合コンの鉄則〜一回目の合コンは一次会で帰るべし〜

20代の頃、私が幹事をして、女子高校時代の友人を集め合コンをした時のことです。

私は何度か合コンに行った経験や、幹事をした経験から

「どんなに盛り上がっても二次会は無し」という事を学びました。

そして、その事はその日参加するメンバーに伝えていました。

ただ、その時の合コンに参加してメンバーは私以外合コン初心者。

一次会で盛り上がり、二次会でカラオケへ流れました。

そこからが悲惨でした。

カラオケに入ってさっそく寝始める男が一人、

中途半端な歌のうまさでマイクを独占する男が一人。

酔っ払って、元カノの名前をひさすら歌詞に入れて歌う男が一人。

女性陣も酔っ払って、変にテンション上がって、

アニソンやヘビーなロックバンドなど、男ウケしない自分の好きな曲を次々入れ、

一次会では我慢してた煙草も箱が無くなるほど吸う始末。

カオス化した状態は、始発が走り出す時間まで続きました。

お店を出る頃には、みんなのテンションは下がりに下がりまくり。

女性陣は化粧が崩れ、とても見れた顔ではありませんでした。

当然、そのままお開きになり、そこから進展したメンバーは一人もいませんでした。

やっぱり一次会で連絡先だけみんなで交換し合い

「また会いたいな」「また、みんなで集まりたいな」というところで

抑えておくのが、合コンのポイントだと、改めて認識しました。

婚活街コン失敗エピソード:好きな人のお兄ちゃんに介抱された話

合コンだとは聞かされてなかった飲み会に参加したときの出来事。

酔っ払った私は居酒屋で潰れてしまいました。

気がつくとそこは合コン参加者の男性の家。

初対面の男性に介抱してもらったとはいえ、

体の関係はなかったようです。

ところが、その家で受け入れられない現実に立ち直れなくなってしまいました。

男性に帰る挨拶を済まして一人で部屋を出ると意中の男性に遭遇してしまったんです。

最近やっといい雰囲気になってきた彼はとても驚いていました。

私は顔面蒼白。好きな相手のお兄ちゃんに介抱してもらっていたんです。

慌てて事実を告げましたが

「○○の彼氏になる男は心配が絶えないんだろうね」と一言残して自分の部屋へ。

それから彼とは連絡していません。

1

合コン作戦会議と反省会だけ盛り上がる本番で輝けないK君の話

合コンで知り合ったK君の話。

K君は合コン前はすごくしゃべる。

本当によくしゃべる。

合コン前に喫茶店に行って作戦会議を開くのだけけど、

フォーメーションといって色々説明してくれる。

例えば、女性を挟み込むように男が座るゾーンプレスとか、

横に三人ならんで座るフラットスリーでとか言いながら、

途中でこう変化すれば良いとか。

しかし、本番の合コンにはいると、とたんにおとなしくなる。

さっきまでの元気はなんだったんだというぐらい無口に。

終わって女性がいなくなると、また元気になって喋りだす。

今回の合コンは相手がどうとか、会話のパス回しがとか。

酷い時は、女性が二次会に行きたそうにするのを気が付かず、

反省会の会場(喫茶店)に猛進したり。

結構、一緒に合コンしたけども、

本番で輝くK君は見たことが無かったです。

東京婚活イベントに行ってきましたが、男性の年齢層が高すぎ親子かと

友人に誘われて初めて婚活イベントに行ってきましたが、

男性の年齢層が高くて驚きました。

明らかに女性陣と男性陣で年齢層が違うんです。

具体的には女性がほぼ20代、中には30代の方もいましたが前半で、

一方の男性は40後半から50代ほどでした。

おそらく女性側には「20代~30代」と募集をかけ、

男性側には「40代~50代」と募集をかけ、

そして両者をマッチングさせたんだろうなと容易にわかるような様相で、

一体なぜ?という疑問だけが残りました。

30代の大人の女性と40代の男性ならまだわかりますし、

話題もあると思います。

ただ20代前半と50代男性なんてほぼ親子です。

話題も見つからず会話もよくわからない、

かみ合わない感じに進み、終始意味がわかりませんでした。

例えば年上好きな女性大歓迎、とかならまだ理解できますが、

そんな記載も一切なかったようです。

初めての婚活イベントでしたが、

よくわからないままに終わり失敗と言う他ありません。

1

東京の船上婚活パーティーの残念な思い出

出会いの場を広げようということで、仲間が企画して

船上パーティーを開催し、私も招待されて行きました。

男性も女性もドレスアップをして、ちょっと非日常な感じでわくわくしていました。

最初はフリータイムで、仲間同士でお酒を飲んだり

おつまみを食べたりして過ごしていましたが、

そのうち交流のためのゲーム大会が始まりました。

ゲームが盛り上がってきたと思ったところで、

ビールをがぶがぶ飲んでいた私は、トイレに行きたくなってしまいました。

しかし、船のトイレなので一つしかなく、参加者も多かったためにトイレは長蛇の列。

結局トイレに並んでいるだけで、船上パーティーは終了してしまいました。

友達はかっこいい男性とたくさんお友達になっていたのに、ショックでした。

合コン相手とけんかになってしまった話

私は幼稚園教諭をしているものです。

女性の職場なので合コンがちょくちょくあり、よく参加しています。

一番の失敗と言えば、合コン相手と大喧嘩になってしまったことです。

相手グループの中に、少し嫌味な男性がいました。

幼稚園教諭なんて子どもと遊んでるだけ…などと、こっちの職業を見下した言い方をするので、

だんだんとイライラしてきて、ついに酔った勢いでケンカになってしまいました。

最初は周りの人たちが、まぁまぁ…とたしなめて治まっていたのですが、

その人が私に向かって暴言を吐いたので、

思わず目の前にあったお冷をぶっかけてしまいました。

結局最悪な雰囲気のまま合コンはお開きとなり、

私はその仲間にしばらく合コンに誘ってもらえませんでした。

合コン卓球で本気になりすぎてしまった話

数少ない合コン体験の話です。

合コンをした居酒屋さんに、たまたま卓球台があったのです。

男性数名が酔った勢いで卓球をしようと言いだして始めていました。

私は最初は黙って座っていたのですが、だんだん身体がうずうずしてきました。

私は高校時代卓球部に入っていて、県大会で準優勝するくらいの腕前なのです。

酔っ払ってくるにつれ我慢ができなくなり、とうとうラケットを握りしめて、

その場にいた男性全員を倒すという偉業を成し遂げてしまいました。

その場はおおいに盛り上がったのですが、

結局合コン後にメールをくれた人はいませんでした。

やっぱり男性は、「すごーい!!」と自分をたててくれる女性が好きなんだろうな。

東京の街コン婚活パーティー情報

大阪の街コン婚活パーティー情報

関連記事