LINEで送る
Pocket

1

婚活に向けて初めての東京「街コン」体験談!

職場での出会いもなく独り身歴をのばしていたところに友人から

「街コン」へのお誘いがありました。

しかしわたしは街コンにあまり興味も無く、というのも街コンの印象といえば

大型の合コンのようなイメージで大人数やお酒に弱いわたしには

縁遠い場所だと感じていたからです。

あまり乗り気はしませんでしたがこれも一生に一度の体験だと、

また友人も一緒なので心強い面もあり街コンへの参加を決意しました。

わたしが参加した20~30代限定の街コンで、まずインターネットで

事前予約を済ませ当日の入場前に参加費

(食べ飲み放題の飲食代込み)を払うといった流れでした。

面倒な電話でのやり取りもなく、登録さえしてしまえばあとは当日を待つのみ。

この点は素晴らしく、電話だと躊躇いがうまれ参加にいたれなかったかもしれません。

当日はメイクや髪型も念入りにいざ、会場入り。

流れとしては二件の居酒屋を貸し切り男性がお店を、女性が席を移動するといった感じでした。

一つの席にとどまる時間は約20分。

そのあいだに4~6人の男女が挨拶や自己紹介を済ませ、

雑談をし、お互いのことを知っていきます。

このシステムだと輪に入れず取り残されてしまう心配もなく、

またモチロン常に友人と一緒に席を回れるため緊張もだいぶやわらぎました。

それは男性側も同じようでどの席にいる方々もリラックスした様子で会話を楽しんでいました。

席を立つタイミングが連絡先を交換しやすくしてくれる効果もあり、

街コンまでいったのに出会いの収穫ナシ!なんて悲しい結果にはならず

帰るころにはじゅうぶんな数の連絡先を交換することができました。

これからどうなるかはその後のやり取りしだいだと思いますが、

婚活に向けて街コンに参加するのは大いに「アリ」だとわたしは感じました。

婚活したいのに出会いがない、どうすればいいのか

わからない方がいればぜひ試してほしいイベントです。

福岡の婚活イベントの経験談。

私が福岡県の北九州で行って

体験した婚活イベントについて話したいと思います。

婚活イベントと言っても、TVでしてる様なものではなく、

一人一人と3分程話して良いなと思った人の番号を書き

お互いに番号があればカップル成立といったイベントでした。

私は2回参加して1回目はカップルになれなかったのですが

2回目は反省し望んだらカップルになれました。

1回目は、とにかく真面目な話しや相手の話しを

ずっと聞くとゆう事をして駄目だったので、

2回目は何かネタを持っていこうとおもいました。

私の場合はモノマネや心理テストでした。

すると、私を印象が強く残るみたいでした。

あのモノマネをする人は私とゆう感じです。

実際にカップルになった女の子に言われました。

なんか面白いから気になってしまったと

婚活イベントとゆうと堅苦しく感じるかもしれません。

実際に私もそうでしたがそうでもありません。

自分の得意とするコネタを持って女の子を笑わせて下さい。

笑って嫌な人はいません。

そして笑わせた時にカップル成功率が上がると思います。

1

東京の街コン広告にだまされてクリスマスにぼっち参加

12月25日、クリスマス。

その日は平日でクリスマスの時期が一番忙しいお店で働いていたものだから、

その日も仕事だろうと思っていました。

なのに店長の不必要な計らいで休みにされてしまいました。

クリスマス3日前にシフトが確定し、急きょ一人で過ごすことになったので

友人や家族に相手してくれるようアタックしたのですが、

友人は仕事かデート、期待していた両親は夫婦水入らずでデートということで

1日フリーというはめに。

一人でしんみりケーキを自宅で食べるのは嫌だ、誰かと飲みたいと思い、

街コンのサイトを開きました。

サイトには「友達同士の参加OK」「一人参加の方も多数★」と記載があったので

意を決して参加予約しました。

当日会場につくと、男子と女子にわかれての受付。

女子レーンに並ぶとすべての参加者が友人と一緒に参加でした。

おひとりさまでの参加は私のみでした。

一人参加の場合はネームプレートの色が違い、目立つようなシステムになっていました。

気軽に参加したつもりなのに、すごく本気な感じが出ていて恥ずかしかったです。

スポンサー リンク


男性宅で合コン、男1対女4の混沌

メーカー勤務の友人が、「今度合コンを開きたいって言っている同僚(男)がいるから来てくれないか?」

とのお誘いを受け、参加することにしました。

私たちは仲良し女4人組で、過去に4人一緒に合コンに参加したことはありませんでした。

なのでその話を聞いて面白そうだしみんなで行こうとなりました。

その男性はおすすめできないと友人から聞いていたので、同僚の男友達に期待と思っていました。

いざ、当日になると男性が全然集まらなかったらしく

結局男1人に対し女4人で合コンをすることになりました。

合コンと呼べないと思いつつも引き返せないのでとりあえず行うことに。

その男性が最近一人暮らしを始めたというので、初見ですが女4人で

彼の一人暮らしの家にお邪魔しました。

お菓子を食べながらテレビを見て、時々会話するという

意味不明な合コンが繰り広げられていました。

私たち女4人は、あたかも自分の家かのようにくつろいで過ごしていました。

結果、誰もその男性と恋には落ちなかったのですが、

彼の家の居心地がよかったので、

またあの場所で女子会しようという話でその日は終わりました。

1

婚活女子よ、合コンで”ウケ”を求めるな!

今まで数々の合コンに参加してきました・・・

百戦錬磨のツワモノとか言われますが、

「合コン百戦」とか、それってALL・負けいくさですよね?!

申し遅れましたがわたくし現役・婚活女子。

黙ってれば美人と言われることもあったりしますんで、

見た目はさほどアレでもないはず…なのですが

なにゆえかくも連戦連敗なのか。

ええ、自分でもその理由はよくわかってます。

今宵の合コンを盛り上げよう!盛り上げよう!とするあまり、

「面白い人」になってしまうんです。

毎回面白い人で終わってしまう私の体験談

例えば3対3の合コンだとしますよね?

オシャレ居酒屋とか個室アリのイタリアンとかで、

ぎこちないカンパイと自己紹介から始まるわけなんですけれども、

緊張感をほぐさなきゃ!などとナゾの使命感に駆られて

自虐ネタを散りばめてしまうんですよ。

女子はとりあえず大受けしてくれますから

(なんでも笑っときゃいいと彼女らは知ってるんです)、

ますます調子に乗ってメンバーいじりとかし始めちゃうんですよね。

お開きになり、「姐さん(私のあだ名です)のおかげで楽しかった~!」と男女から感謝され、

後にカップル成立したことをこっそり報告されたりするんですが

私はいつも「あの面白い人」止まりです…。

今度こそ、今度の合コンこそ黙っていよう、控え目女子でいようと心に誓うのに、

持って生まれたこの”ウケ狙い”キャラは、またしても奔馬の如く荒ぶってしまうのでした。

そこで世の婚活中の女性に言っておきたい!

「合コンで笑いを取りに行くな!」

ネタは男性陣に任せて、私達はウフフ♪と微笑んでいるだけで良し!

むしろぎこちない流れの中で男子がどう動くかを見極める方が大事だよ~!

(ああ、なんだか自分に言い聞かせている気分になってきた…)

合コン全体の雰囲気よりも、意中の男子の気持ち♡

を盛り上げられるよう、がんばりましょー!!

東京の街コン婚活パーティー情報

大阪の街コン婚活パーティー情報

スポンサー リンク


関連記事

LINEで送る
Pocket