1

筆者は40代です

琵琶湖ウェディング婚活イベントは30~40代限定

30代から40代の男女限定でした。

離婚経験や子供の有無は問わない集まりだったので、バツイチ子持ちの参加もOKでした。

参加不可の条件にその場限りの恋愛を求めている方は参加を

ご遠慮して頂いていますと書かれていました。

スイーツバイキングを楽しめる方々向けに企画された集まりでした。

参加した婚カツパーティーの主催団体名は「ウェディングプラザ」地元の結婚相談所が企画したものでした

開催場所は綺麗なチャペル結婚式場

琵琶湖沿いにある新しくて綺麗なチャペル結婚式場を貸しきった会場でした。

最寄り駅は彦根駅、米原駅です。といっても、湖岸道路沿いで駅から距離があるので、

みなさん自家用車で会場まで来られていました。

グループで参加している方々もおられました。

琵琶湖ウェディング婚活はどんな内容だった?

スイーツバイギングが食べられるということもあって、地元では結構人気の企画だとお聞きしました。

最初に受付をして自分の番号札を貰い、その番号が書かれている席に座りました。

テーブルは6つあって、それぞれ8席ありました。

まず五分ずつ全員の方と挨拶やプロフィールの確認などをしました。

それから各テーブルに戻り、自己紹介タイムがあり、同じテーブル席の男性と5分ずつ話をしました。

それからまたテーブル単位の入れ換えがあり、結局全テーブルの男性と話をしました。

そしてスイーツバイギングと飲み物(あらかじめオーダーしていた)が配られ、

その頃にはみんな疲れていてやっと休憩になったことと美味しいスイーツを食べられた嬉しさで

テンションが上がり各テーブルで盛り上がりました。

その後は自由時間で個々の移動がOKになり、みなさん動きまわって自己アピールしていました。

それから最後は配られた紙に連絡を取りたい男性を三名まで書き、

マッチングしたら主催者から連絡を頂けるというシステムでした。

琵琶湖ウェディング婚活は結局回転寿司?

当然ですが、年齢、職業、離婚経験の有無や、どのような条件で相手を探しているかなど、

積極的に自己アピールをぶつけ合うという感じで、条件にあてはまるかどうかだけに目がいってしまって、

そのひとの個性や性格などにはあまり触れられず、むなしい感がありました。

流れ作業、回転寿司のようにクルクル色んな方と話したので

大変疲れてわけがわからなくなり、混乱しました。

今回参加した琵琶湖ウェディング婚活の感想

結局、私とマッチングした方はいませんでしたが、楽しい時間を過ごすことができました。

中には以前参加した婚カツパーティーで顔見知りのグループもあり

「最近どうですか?」とまた別の話をされていたりと、見ていて驚いた部分もありました。

イベント終了後「出待ち」をするのは自由で、出口で何人かの男性に声を掛けられました。

同じテーブルの女性の方が帰りぎわに「残念だったね」と話しかけてこられて仲良くなりました。

その後、個人的に友人関係になりお互いの婚カツ情報や状況を報告しあう仲になりました。

最新の東京・大阪のパーティー情報は以下のサイトをご覧下さい

東京の街コン婚活パーティー情報

大阪の街コン婚活パーティー情報

スポンサー リンク